HOME > ドクターインタビュー > 可世木病院 可世木成明先生

ドクターへの質問

Q. どの程度の生理痛なら治療を受けたほうが良いでしょうか?

A.鎮痛剤を飲んでも寝込んでしまう、会社や学校を休まなくてはならないという方には治療を受けるよう勧めています。そういうときは、診察のなかで子宮内膜症の「しこり」が有るか無いかを超音波検査や必要に応じてMRIで確認していきます。
ただ、軽い痛みだからといって、放っておかないで受診してもらいたいと思っています。生理痛(月経痛)は不妊につながる危険性もある子宮内膜症や子宮筋腫の重要なサインです。体のどこかが痛いというとき、油断していると何かしら重大な病気が隠れていることもあります。たかが生理痛と甘く考えず、「痛い」、「いつもの生理痛と違う」と思ったときは、受診してほしいですね。痛みというサインが体から出ているのですから。


Q. 生理が終わった後も生理痛が残るのですが、何か病気でしょうか?

A.これはケースバイケースでいろいろな可能性が考えられるので、一度受診することをお勧めします。排卵期に痛みを感じるのはよくあることですし、黄体期に入ってから途中で痛みを感じることもあります。このように、生理(月経)周期のいろいろな時点で痛みを感じることがあるので、生理に続いて起こった痛みだからといって生理痛の続きと安易に考えずに、痛みは病気のサインかもしれないととらえ、受診してください。


Q. 生理痛は閉経するまで毎月続くのでしょうか?

A.一般に40代半ばになってくると、多くの女性は生理痛が軽くなってくるように感じますね。ただ、子宮筋腫などが隠れていると、生理痛につながることがあります。
40代半ばまで生理痛が続くというと、若年の患者さんは「そんなに続くのか…」と暗い気持ちになるかもしれませんが、今は生理痛を和らげる新しい治療薬ができています。生理痛がひどい方は、我慢せず、ぜひ受診して治療を受けてください。

可世木先生からのメッセージ

一口に月経困難症といっても、症状の軽い人もいれば重い人もいます。また、痛みの背後に子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が隠れていることがあります。ですから、たかが月経困難症と、自分で鎮痛剤を飲んで様子を見るだけではなくて、ぜひ専門医に相談してベストな治療を受けることをお勧めします。今はいい治療法があります。
最近は、昔に比べて若い女性たちが婦人科へかかるのを嫌がらなくなってきました。これは子宮内膜症など不妊につながる病気の早期発見・早期治療のためにも、よい傾向だと思っています。

この画面の上へ