HOME > ドクターインタビュー > やぐちレディースクリニック 谷口久枝先生

ドクターへの質問

Q. どの程度の生理痛なら治療を受けたほうが良いでしょうか?

A.生理痛(月経痛)があるという方は、ともかく一度は受診してほしいと思います。治療が必要な生理痛かどうかを判断するためにも、ほかに病気がないかどうかを確認するためにも、まずは受診が大切です。そのうえで、その方の状態や希望に応じて、こちらから医学的に的確な治療法を提示していきますから、それをご本人に選択していただくことになります。
生理痛だけではなく、夜用ナプキンでも1、2時間で替えなければならないとか、健康診断で貧血と診断された場合も、ぜひ受診してほしいですね。


Q. 痛み止めは飲み続けていると効かなくなるという話をききます。これは本当ですか?

A.痛み止めの薬自体が効かなくなるということはありません。ですので、必要に応じて服用して大丈夫です。
もし、痛み止めが効かなくなってきたと感じるときは、子宮内膜症などの病気が進行し、それによって痛みのコントロールができなくなっている可能性が考えられます。そういう場合はすぐに受診してください。


Q. 子宮内膜症の治療にピルを使うことがあるそうですが、長く服用すると不妊とか、問題が起きませんか?

A.そんなことはありませんので安心してください。低用量ピルは子宮内膜症の進行を抑える場合もありますので、むしろ妊娠がしやすくなる可能性もあります。服用を中止した後すぐに妊娠される方もいらっしゃいます。
低用量ピルの服用を中止してから妊娠までにどのくらいの期間をあけたほうがよいか尋ねられることもありますが、その必要はありません、とお伝えしています。

谷口先生からのメッセージ

生理痛がある女性は我慢せず、ぜひ一度受診してください。
生理(月経)が始まった女性には、不安な症状があったらすぐに受診、症状がなくても1年に1度は検診を受けて病気がないことを確認していただきたいと思っています。とはいえ、婦人科は何も症状がないうちからはなかなか足が向く場ではありません。ですから生理痛がある方は、我慢するのではなく、「婦人科受診のチャンスを得た」ととらえ、来院してもらえればと思います。生理の量が多い、貧血があるなども同様です。それをきっかけに毎年の定期検診につながっていくと、うれしいですね
医療機関は患者さんが学習する場でもあると思っています。来院して、ぜひ自分の体について、病気について、治療について、何かしら学んで帰っていただけたらうれしいです。

  

この画面の上へ